事業報告書

平成25年度事業報告書

(平成25年4月1日から平成26年3月31日)

Ⅰ.事業の概要

 本年度も、ものづくりの根幹技術である金型技術及び金型を利用する成形技術等の研究開発活動に対する助成事業等を通じて、金型技術等の向上を図り、我が国工業社会及び産業経済の健全な発展に寄与するという当財団の目的に沿って、以下の事業を推進してまいりました。

1. 研究助成事業
 金型技術及び成形技術等の研究テーマの公募を、6月1日から9月20日まで行い、国内の大学・大学院・高専並びにこれらに準ずる研究機関に所属する研究者から32件の応募があった。それを当財団の選考委員会にて公平かつ厳正な選考の結果、当財団の選考基準にふさわしい助成テーマ6件を採択し、総額980万円の助成金を交付しました。
2. 技術交流並びに技術者・技能者の育成に対する助成事業
 前項と同じ公募期間に、国内の大学・大学院・高専並びにこれらに準ずる研究機関で研究開発を行っている研究者等から、内外関係機関との技術交流に対する支援の公募を行い、2件の応募がありました。当財団の選考委員会にて公平かつ厳正な選考の結果、当財団の選考基準にふさわしい助成テーマを審議した結果、1件、15万円の助成金交付にとどまりました。
 また、金型に関する基礎研究や応用研究を行っている若い技術者・技能者の育成等に対する助成は、本年度も応募者が無く交付しませんでした。
3. 表彰事業
 型に関する技術に関して、特に優れ、かつ、貢献度の高い技術開発者並びに金型産業の発展に対する貢献度が顕著な者を顕彰する事によって、型技術並びに型産業のより一層の発展を図ることを目的に、「一般社団法人型技術協会」との共同事業として、平成25年6月18日に、型技術協会主催の「型技術者会議」で功績賞1名、技術賞4件、型技術論文賞4件、奨励賞5件の顕彰を行いました。
4. 調査・情報提供による普及啓発事業
 ア)助成研究成果報告会の開催
 平成24年度における助成研究実施テーマの研究成果を論文集にまとめ、平成25年8月2日に千葉県千葉市で、研究成果活用促進と情報交換の場としての研究成果報告会を、約140名の金型技術研究者・大学院生・学生並びに金型関連企業の技術者等の参加で開催しました。
 イ)金型産業史の編纂事業の実施
 本年度は、過去蓄積してきた記録の文献化作業を進め、その第1分冊としてのプレス型編を、平成25年度中の完了を目標に進めてきましたが、未完となった。現在、最終原稿の確認作業中であり、平成26年度の前半に印刷完了及び公開する予定である。
 ウ)技術・業界動向調査事業の実施
 本年度は、2件の研究調査について提案があり、内容を理事会及び選考委員会で審議した結果、平成26年度から2年間の予定で「ドイツを中心とした金型関連企業の調査研究」を実施することとした。

Ⅱ.処務の概要

1. 役員に関する事項

役職名 氏 名 就任年月日 担当職務 略  歴
評議員 上田 勝弘 H24年4月1日 非常勤 大垣精工(株) 代表取締役
評議員 黒田 浩史 H24年4月1日 非常勤 黒田精工(株) 代表取締役
評議員 桜田  弘 H24年4月1日 非常勤 双葉電子工業(株) 代表取締役
評議員 高野 輝雄 H24年4月1日 非常勤 元(株)三宝ラボ 代表取締役
評議員 中川 威雄 H24年4月1日 非常勤 東京大学 名誉教授
評議員 福井 雅彦 H24年4月1日 非常勤 東京工科大学 名誉教授
理 事 衛藤 捷巳 H24年4月1日 理事長
非常勤
 
理 事 犬飼  治 H24年4月1日 専務理事
常勤
当財団 専務理事
理 事 安齋 正博 H24年4月1日 非常勤 芝浦工業大学 教授
理 事 石出 光正 H24年4月1日 非常勤 双葉電子工業(株) 専務執行役員
理 事 小山 秀夫 H24年4月1日 非常勤 千葉大学大学院 准教授
理 事 石井 良雄 H24年4月1日 非常勤 フタバビジネスシステム(株)
監 事 竹下 正己 H24年4月1日 非常勤 原合同法律事務所 社員弁護士
監 事 進藤 直義 H24年4月1日 非常勤 公認会計士・税理士

 

2. 会議に関する事項

(理事会)
開催月日 議 事 事 項 結果
第5回理事会
(通常理事会)
平成25年5月15日
第1号議案「平成24年度事業報告及び財務諸表」承認の件 承認
第2号議案「平成25年度定時評議員会開催要領」承認の件 承認
第3号議案「平成25年度表彰事業選考結果」承認の件 承認
第6回理事会
(臨時理事会)
平成25年9月27日
<定款第47条(決議の省略)による>
1.正味財産増減計算書及びその内訳表において、科目名の中にある収入・支出という用語を削除するとともに、誤字の修正をする 承認
2. 正味財産増減計算書内訳表の書式(記載事項)を、正味財産増減計算書と同じにする。 承認
第7回理事会
(臨時理事会)
平成24年11月28日
第1号議案「平成25年度研究開発助成テーマ選考結果」承認の件 承認
第2号議案「平成25年度海外技術交流助成者選考結果」承認の件 承認
第3号議案「平成25年度技術者・技能者育成助成選考結果」承認の件 承認
第4号議案「調査研究助成テーマ」選定の件 承認
報告事項「理事長及び専務理事の業務報告」  
第8回理事会
(通常理事会)
平成26年3月26日
第1号議案「平成26年度事業計画案」承認の件 承認
第2号議案「平成26年度収支予算案」承認の件 承認

 

(評議員会)
開催月日 議 事 事 項 結果
第2回
定時評議員会
平成25年5月30日
第1号議案「議長及び議事録署名人の選出」の件 承認
第2号議案「平成24年度事業報告及び財務諸表」承認の件 承認
第3号議案「常勤役員への支払報酬額」承認の件 承認
報告事項
①第4回理事会及び第5回理事会の決議内容について
②理事長及び専務理事の業務報告について
 
第3回
 臨時評議員会
平成25年10月11日
<定款第27条(決議の省略)による>
1. 正味財産増減計算書及びその内訳表において、科目名の中にある収入・支出という用語を削除するとともに、誤字の修正をする。 承認
2. 正味財産増減計算書内訳表の書式(記載事項)を、正味財産増減計算書と同じにする。 承認

 

(選考委員会)
開催月日 議 事 事 項 結果
平成25年11月2日 第1号議案「選考委員会規定の確認及び議長の選任」 議決
第2号議案「平成25年度金型技術等に関する研究開発助成の選考」 議決
第3号議案「平成25年度海外との技術交流および協力に対する助成の選考」 議決
第4号議案「教育育成助成及び調査助成事業に関する討議」  
第5号議案「その他、今後の選考委員会運営に関する討議など必要事項の検討・調整」
<注:第4号議案および第5号議案については、提案事項を次年度以降に事務局が各委員に図り、推進することとした。>
 

 

(産業史編纂委員会)
開催月日 議 事 事 項
平成25年10月1日 前回の会議(平成25年3月)で編集の骨子案の検討を委託した田口委員から、第1分冊としてのプレス型(自動車用プレス型およびモータコア型)に関する編集方法や記述内容の骨子が提案され、討議の結果、本年度中に150ページ程度の印刷物を発刊目標で進めることとした。なお、インタビュー記録などの記載内容で不明点や記述可否があるかどうかについては、田口委員からメールで送られる各章毎の原稿チェック時に各委員の意見交換を行い、確認することとした。
平成26年3月8日 田口委員から、日本における金型産業の歴史的展開過程Ⅰ」―自動車用プレス金型・モータコア型編―とした220ページにわたる原稿が示され、文中の固有名詞などの確認やインタビュー内容の不明確な表現などについて、再度、チェックをする必要があり、3月末までの発行を断念し、5月末を目処に作業を完了させることを目標とした。

 

3. 助成事業

「研究開発助成事業」・・・6件 総額980万円(予算額1,000万円)
  助成研究テーマ名 助成先 研究者名
1 離型性に優れるナノインプリント加工用 バイオマスポリマーを用いる超微細精密金型の汚れ防止技術の開発 富山県立大学・工学部
機械システム工学科
竹井  敏
2 ロールツーロールナノインプリントプロセスにおけるオンライン金型品質評価法の開発 山形大学・
大学院理工学研究科
瀧 健太郎
3 射出成形金型内の4D非接触濃度・温度分布同時可視化計測法の確立 千葉大学・
大学院工学研究科
武居 昌宏
4 蛍光を用いた高NAレンズ金型の形状とコーティング膜厚の同時測定 大阪大学・
大学院工学研究科
道畑 正岐
5 鋳造の湯流れ・凝固シミュレーションの高精度化を実現する流動溶湯の温度履歴の評価 岐阜大学・
工学部機械工学科
新川 真人
6 レーザー局所加熱を用いたガラスモールド法の開発 東京工業大学・
大学院理工学研究科
岸  哲生

 

「海外との技術交流助成事業」・・・1件 総額15万円(予算額100万円)
  交流会議名 助成先 研究者名
1 THERMEC’2013
<米国・ラスベガス>
信州大学大学院
理工学研究科 修士2年生
澤本 一樹

 

4. 表彰事業
「金型技術等関する研究開発及び技術振興に貢献した者に対する表彰事業」
一般社団法人型技術協会と共同顕彰事業として 平成25年6月18日(火)に大田区産業プラザPiOにおいて表彰式を実施
「功績賞」型技術の進歩、向上、発展に関して特に功績の大きかった個人
1件 受賞理由: 型技術協会の創設に関わり、また「型技術」誌の初代編集長、NPOアジア金型産業フォーラム理事などを歴任し、金型産業の進歩、向上、および協会の発展に大きく貢献
受賞者: 井戸 潔((有)アイ・ディー・オー・デジタル出版)
「技術賞」特に優れた貢献度の高い型技術の開発者(一般公募)
4件 受賞理由: 車体外板用ハイテンテーラードブランク金型の開発
受賞者: 横山 鎮、神田 寛達、中尾敬一郎(ホンダエンジニアリング(株))
受賞理由: SKYACTIVを実現した高精度薄肉ダイカストとその金型技術
受賞者: 青田 巌、大塚 真、河野 一郎、小国 英明、菅谷 智(マツダ(株))
受賞理由: 高精密部品・金型加工用マシニングセンタ「MP-46V」の開発
受賞者: 則久 孝志、山田 賢治、村田 篤哉、森村 章一、石原 洋成(オークマ(株))
受賞理由: ダイヤコートエンドミルによる超鋼合金の切削加工
受賞者: 渡邉 英人、大崎 英樹(ユニオンツール(株))
「型技術論文賞」「型技術」誌に掲載された特に優れた論文等の著者
4件 受賞論文: プラズマエネルギーを利用した複合表面改質処理
受賞者: 池永 薫、近藤 恭二(日本電子工業(株))
受賞論文: インサート変形解析の開発と活用
受賞者: 浅野 圭吾((株)デンソー)
受賞論文: ホットスタンプ型内トリム製法におけるサーボプレスの活用
受賞者: 廻 秀夫(ホンダエンジニアリング(株))
受賞論文: 応力緩和現象を利用したひずみ分散化による深絞り性向上技術
受賞者: 山下 裕之((株)本田技術研究所)
「奨励賞」型技術者会議及び型技術ワークショップにおける優秀講演者および連名者
5件 ☆型技術者会議2012
受賞論文: 超ハイテン切断型の損傷進展に及ぼす鋼板切り口形状の影響
受賞者: 坂井 智哉、伊藤 芳典、山本 勝大(トヨタ自動車(株))
林田 康宏、山本 兼司((株)神戸製鋼所)
吉田 潤二(日本高周波鋼業(株))
受賞論文: エンドミル加工時の加工面形状と誤差の予測
受賞者: 西川 隆敏、菊田 敬一、筒本 隆博(広島県立総合技術研究所)
受賞論文: 金型製作の効率・品位の追及における同時5軸加工
受賞者: 菅井 義明((株)折居技研)
渡邊 忍((株)C&Gシステムズ)
受賞論文: 小型ダイカスト設備の生産体制を支える、小型金型「ホイストレス金型分解装置」の開発
受賞者: 戸端 信行、星加 昇二、町田 修、森安 英治((株)デンソー
☆型技術ワークショップ2012
受賞論文: 微細ワイヤ放電加工におけるワイヤ挙動の高速度観察
受賞者: 市井 翔、岡田 晃、岡本 康寛(岡山大学)

 

5. 調査・情報提供による普及啓発事業
「第14回 助成研究成果報告会」の開催
平成23年度助成テーマ(平成24年度研究実施)の成果発表を行った。
(助成件数7件中5件の発表と特別講演1件および懇親会を実施)
日程 平成25年8月2日(金)
場所 千葉市美浜区ひび野1-11 ホテルスプリングス幕張
A. 助成研究テーマの成果報告
  講演者 所 属 研究開発テーマ名
1 四宮 徳章 大阪府立産業技術総合研究所 EV用リチウムイオン電池筐体の低コスト化・高精度化に資するサーボプレス深絞り成形技術の開発
2 佐藤 隆太 神戸大学 工作機械の運動誤差により仕上げ加工面に生ずる加工痕の予測
3 池田 健一 福岡県工業技術センター 金型用コーティング膜のプラズマエッチング特性の評価
4 大嶋 正裕 京都大学 コアバック方式射出発砲成形プロセスでの樹脂発砲挙動の解析と微細発砲構造制御技術の確立
5 村田 泰彦 日本工業大学 遠赤外線ヒータを用いた急速加熱・冷却射出成型金型の開発

 

B. 特別講演
  講演者 所属・役職 演題
1 前川 佳徳 大阪産業大学 教授 「沸騰アジア!!部品/金型製造業のASEAN進出を考える」
―日本の製造業生き残り策への提案―

 

6. 許可、認可及び承認に関する事項
該当事項なし
7. 内閣府指示に関する事項
該当事項なし
8. 契約に関する事項
該当事項なし
9. 寄附金に関する事項
該当事項なし
10. その他重要事項
該当事項なし