事業報告書

平成28年度事業報告書

(平成28年4月1日から平成29年3月31日)

Ⅰ.事業の概要

 本年度も、ものづくりの根幹技術である金型技術及び金型を利用する成形技術等の研究開発活動に対する助成事業等を通じて、金型技術等の向上を図り、我が国工業社会及び産業経済の健全な発展に寄与するという当財団の目的に沿って、以下の事業を実施いたしました。

1. 研究助成事業
 金型技術及び成形技術等の研究テーマの公募を、6月1日から9月20日まで行い、国内の大学・大学院・高専並びにこれらに準ずる研究機関に所属する研究者から20件の応募があった。それを当財団の選考委員会にて公平かつ厳正な選考の結果、当財団の選考基準にふさわしい助成テーマ6件を採択し、総額1,000万円の助成金を交付しました。
2. 技術交流並びに技術者・技能者の育成に対する助成事業
 前項と同じ公募期間に、国内の大学・大学院・高専並びにこれらに準ずる研究機関で研究開発を行っている研究者等から、内外関係機関との技術交流に対する支援の公募を行い、2件の応募がありました。当財団の選考委員会にて公平かつ厳正な選考の結果、当財団の選考基準にふさわしい助成テーマを審議した結果、2件、213,000円の助成金を交付しました。
 また、金型に関する基礎研究や応用研究を行っている若い技術者・技能者の育成等に対する助成は、公募に対して応募がありませんでしたので、昨年と同じく「プラスチック金型の初級技術者・技能者育成講座」の実施を安齋理事にお願いして、12月26日、27日の2日間に受講者8名で実施し、その開講に係る諸経費25万円を助成金として交付しました。
3. 表彰事業
 型に関する技術に関して、特に優れ、かつ、貢献度の高い技術開発者並びに金型産業の発展に対する貢献度が顕著な者を顕彰する事によって、型技術並びに型産業のより一層の発展を図ることを目的に、「一般社団法人型技術協会」との共同事業として、平成28年6月22日に、型技術協会主催の「型技術者会議」で功績賞2件、功労者賞15名、技術賞1件、型技術論文賞3件、奨励賞5件の顕彰を行いました。
4. 調査・情報提供による普及啓発事業
 ア)助成研究成果報告会の開催
 平成27年度に実施された助成研究テーマの研究成果を論文集にまとめ、平成28年7月29日に千葉県千葉市で、研究成果活用促進と情報交換の場としての研究成果報告会を、約120名の金型技術研究者・大学院生・学生並びに金型関連企業の技術者等の参加で開催しました。
 イ)金型産業史の編纂事業の実施
 産業史編纂委員会において今後の活動について検討の結果、鉄砲伝来から始まった武器量産技術の基礎と考えられる鍛造型が未着手であることから、記録の蓄積を進めていくことにいたしました。
 ウ)技術・業界動向調査事業の実施
 公募に対する応募がありませんでした。又、事務局で検討した結果、適切なテーマを選定できず事業の実施はいたしませんでした。

平成28年度事業報告書附属明細書

平成28年度事業報告には、「事業報告の内容を補足する重要な事項」が存在しないので、定款第11条(2)に規定する事業報告の附属明細書は作成しない。